ジュニパーベリー

ジュニパーベリー 2017-08-01T13:07:09+00:00

Project Description

  • 芳香

  • 塗布

  • 摂取

Juniper berry

ジュニパーベリー

小売価格 (5cc)   4,200円

SHOP NOW

古くから浄化作用のある薬草として知られ、チベットでは疫病から人々を守る薬草として、 ギリシャ、ローマ、アラブでは消毒薬として用いられていました。

昔から高い浄化・殺菌効果で知られ、コレラなどの伝染病や、咬傷の治療、フランスの 病院では小枝を焚いて空気を浄化していました。

お酒のジンの香りづけとしても有名ですが、実はこれも17世紀にオランダの医師が ジュニパーベリーの利尿作用を期待してつくった薬用酒が始まりといわれています。

深い森の香りで身も心もクリアに

ジュニパーベリーの効果・効能

深く静かな森の木々を思わせやすらぎを与え、リフレッシュできる香りを持つジュニパーベリーは、 香りを深呼吸すると心が鎮まり穏やかな安定した気持ちにさせてくれるので、集中して勉強するときや 仕事場にもピッタリな香りです。

排泄を促すことで身体を浄化し、新陳代謝を高める働きがあります。

体内から余分な水分や老廃物を排出するので、むくみや肩こり、筋肉痛の予防・解消に 効果を発揮します。

腎臓の働きを高めるので、膀胱炎の緩和にも有効です。二日酔いも防止してくれます。

脂性肌を清掃する作用があり、殺菌、消毒作用もあるので、ニキビや吹き出物に効果的です。

デオドラント作用にも優れており、体臭を抑えるので、スポーツ後などのアフターケアにもおススメです。

ジュニパーベリーの活用方法

  • 勉強部屋や仕事部屋などに、ディフューザーに3、4滴入れて拡散すると、集中力を増してくれるでしょう。
  • 洗面器のお湯にジュニパーベリーを2、3滴落として、指や手のひらを少しマッサージするのもお勧めです。
  • むくみや足のだるさにはキャリアオイルで薄めてトリートメントするといいでしょう。

ジュニパーベリーの作用

○主な作用
引赤作用、強壮作用、解毒作用、健胃作用、殺菌作用、刺激作用、収れん作用、浄血作用、鎮痙作用、通経作用、発汗作用、分娩促進作用、利尿作用

○心への作用
神経衰弱

○身体の作用
尿の出をよくする・膀胱炎・体内の毒素の排出・むくみ・血液をきれいにする・二日酔い・筋肉の強化・月経痛・生理を起こさせる

○肌への働き
皮膚を引き締める・発汗をよくする・皮膚炎・湿疹・脂性肌・脂性の髪

使用上の注意

腎臓疾患のある方、妊娠中の方は使用しないでください。

高濃度での使用は皮膚に刺激を感じるので、ココナッツオイルなどで薄めて注意してご使用ください。

ITEM PROMOTIONS

ジュニパーベリーは、お肌にも良く、体の中をキレイにしてくれます。

スパイシーでフレッシュなその香りは、ストレスを和らげ、空気の洗浄にも効果的です。

ジュニパーベリーは、針葉樹からとれる実で、何世紀にもわたって様々な用途に使われてきました。

このオイルは、新鮮な木の香りが特徴的で、気が張っている方や、リラックスしたい方にぴったりです。また、体の健康を保ちたい方や、お肌をキレイに保ちたい方にもお勧めです。

ジュニパーベリーと相性のよいオイル

・サンダルウッド
・シダウッド
・サイプレス
・ホワイトファー
・ベチバー
・クラリセージ
・カモミール
・パチョリ
・柑橘系のオイル

使い方

①吸引・ディフューズ
ディフューザーに3-4滴いれ、ディフューズ

②摂取
ベジタブルカプセルに1滴いれて摂取
または、120mlの水と混ぜて摂取

③お肌への塗布
1-2滴を気になる部分へ塗布
*お肌が敏感なかたは、フラクショネイティッド・ココナッツオイルで薄めてご使用ください。

豆知識

「ジニパー」というのは、ラテン語で「ヤング・ベリー」という意味があります。
また、ジュニパーベリーの実は、ビタミンC,ビタミンB,たんぱく質、食物繊維に富んでいます

Top